病院での検査と性病検査キットの二つに大きく分かれる性病検査の方法

病院での検査と性病検査キットの二つに大きく分かれる性病検査の方法

最近では短期間にパートナーが変わることも一般的になってきました。

 

性病や性感染症にかかる人も増えています。

 

妊娠よりも大きな問題で、早いうちに自分が性病かどうか確認しておかなければ、後になって他人にうつしてしまったり、子供が欲しくなっても授からなかったりしてしまいます。

 

性病の検査には大きく分けて、病院やクリニックで行うものと、性病検査キットという二つ方法があります。

 

この二つの性病検査で特徴的なポイントをみていきましょう。

 

まず病院やクリニックで性病検査をする場合。

 

最近では『ブライダルチェック』という名前も一般的に浸透してきました。

 

判定できる病気は、病院やクリニックによってもまちまち。

 

判定できる病気の数も多ければ多いほど値段が高くなっていますが、数万円程度といった感じです。

 

判定できる病気の方も多く、話題の子宮けいがんまで判定してくれるものもあります。

 

健康診断の延長といった感じで、詳しく調べたいならやっぱり病院やクリニックでブライダルチェックを受けたほうが本格的で安心するでしょう。

 

病院のホームページや、クリニックのパンフレットなどを参考にしてみるといいでしょう。

 

デメリットは、医師の診察を受けなければならないところ。

 

恥ずかしいかもしれませんが、こればかりは諦めましょう。

 

万が一性病や性感染症にかかっていた場合には、スムーズに治療に移行できますので、一緒の面談はデメリットというより、メリットだといえるでしょう。

 

最近増えてきたのは性病検査キットです。

 

購入すると弱にキットが送られてきて、自分の体液を封入し、返送するだけで結果を判定してもらえます。

 

結果が書類で届くものもありますし、中にはインターネット上で結果を確認するキットもあります。

 

個人情報が完全に守られるのがいいところで、名前を出す必要もありません。

 

検査キットにIDが書いてあるので個人情報が気になってしまうといった方にもおすすめです。

 

値段も安く1万円未満~2万円程度のものまで、さまざまな商品が販売されています。

 

かなりの数の性病検査に対応しており、性病検査をしたのかどうか。周りの人にもばれません。

 

恋愛をすることが多いと感じている方は性病検査キットを普段からこまめに自宅に準備しておくことも必要になってくるでしょう。

 

病院やクリニックでブライダルチェックを行う方法と性病検査キット使う方法。値段や検査方法も大きく異なってきます。

 

この先パートナーと長くつき合っていきたいな、恋愛をすることが多いなと思っている方は、どちらの方法でもいいので、性病検査を身近に感じてほしいものです。